マイホーム計画 本文へジャンプ
新築計画における外構計画の進め方


3 建物を生かす外構

マイホーム計画において、あんなに一生懸命検討している皆さんでも

外構計画・エクステリア計画については二の次?・・・


建築で予算オーバーのため外構に使えるお金がない!」

と言うお話をよく聞きます。

夢のマイホーム、建築予算が200万、300万オーバーしても希望をかなえたい!!

当然ですよね。そこで犠牲になるのが外構・エクステリア予算です。

でも??? 如何に立派な建物も、外構次第では・・・・・ですよね。


外構予算は建築費のおよそ1/10 
100万違えば1000万円違うようなイメージ
建築に回る100万円を余分に外構工事費に回すことができたら・・・・!


ここで一つの例

新築で外構は本体工事店手配 


 

ポスト、アプローチ土間、土留めCB,車庫1台の土間と砕石車庫

これで引き渡しです。

本体工事店によっては、外構工事の門柱と車庫1台分の土間サービスということで

本体を受注しているところもあります。

外構は他でと言っても、そのサービス分の返金はありません。

悩ましいところですよね!


この物件は入居前にリフォームとなりました。

お施主様の希望が満たされていないということです。


先にブログ掲載した大事な玄関周り

やはりこちらもポーチの出幅が・・・・・・

また、小さなお子様もおり玄関先の安全面も心配されておりました。


結局玄関ポーチも一部壊し、砕石車庫も砕石をすきとりリフォームです。

本来いらない工事費がかかってしまいました。



 



 

リビング前の庭空間は隣地のインターホン脇です。

丸見えですね。


建物を生かすには、考えられた外構計画が必要になります。

マイホーム計画当初から、しっかりした外構計画予算を計上しましょう!


計画当初から予算を計上していれば
建物にマッチしたエクステリアができるはずです。

外構工事はけして建築の付録ではありません。